• 土. 7月 31st, 2021

FXと外貨預金の違いは何?違いを理解して使いこなす方法

FXと外貨預金があります。この2つは似たようなものと思われがちですが、根本的に違うものですのでしっかりと違いを把握しておく必要があるでしょう。ではFXと外貨預金の違いについて、詳しくみていきます。
では最初に外貨預金から考えていきましょう。外貨預金とはその名の通りに、日本円で外国の通貨を買って預金するというシステムになります。
一般的には預金したお金の入金と出金が自由な普通預金と、1ヶ月から3年単位での定期預金の2つがある形です。預金という形になるため、預け入れをしている期間に応じた金利を受け取ることができます。
基本的に外貨の政策金利が反映されるため、現在の日本円よりも高い金利を得ることが可能です。ただし金利の受取については、口座の解約時に一括で支払われるのが一般的になります。
また預け入れをした時よりも、円安になったタイミングで換金できれば為替差益も得られます。基本的に外貨を使って預金をするため、FXのように派手に稼ぐことができるわけではありません。
しかしタイミングさえしっかりと見極めれば、日本円で貯金をするよりも資産を増やすことも可能です。しかし反面で解約のタイミングで、円高方向に為替相場が進んでいる状態だと損をする可能性もあります。
FXは預金ではない点です。飽くまでも一時的に通貨を保有して、それを売るか買い戻すかをして利益を狙うという形が一般的になります。
また長期保有をすることでスワップポイント狙いでの、利益を出すことも可能です。このスワップポイントは外貨預金での金利に相当するものですが、こちらは保有している限り毎日発生します。
さらにレバレッジが使えるのも、大きな違いとなるでしょう。日本国内のFX会社の口座を利用している場合、最大で自己資金の25倍もの取引ができます。外貨預金は飽くまでも自分の資金を外貨に換えて、預金をするという形ですので使えません。
しかしFXでは資金が少なくても、多額の取引が可能となります。他にも選択肢の多さというのも魅力でしょう。外貨預金では購入できる通貨が限られています。
米ドルやユーロなど安定的な通貨ばかりですが、FXでは世界各国の通貨に投資が可能です。各FX会社によって取扱の数に違いがありますが、外貨預金よりも多くの選択肢があるのです。
また円安方向に相場が動いている時も、空売りをすれば売りからの注文もできます。これも外貨預金ではできない方法です。
FXと外貨預金の違いについてでした。どちらも外貨を使った金融商品ですが、外貨預金よりもさらに柔軟にできるのがFXだと言えます。またレバレッジや空売り、選択肢の豊富さなどもFXの魅力です。資金が少ない人ほどFXを利用するのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
テキストのコピーはできません。