• 月. 8月 2nd, 2021

売りから入るとはどういう意味?空売りで行うFXのやり方

FXの取引では売りから入るという言葉もあります。この売りから入るとは、いったいどういう意味なのでしょうか。ここでは空売りの仕組みなども解説していきます。
FXの取引で分かりやすいのは、買いからの売りです。これは為替相場が円安方向に動くと、考えた時に行うものです。仮に1米ドルが100円だとして、10ドル分を購入したとしましょう。そして購入後に110円になった時に売ると、差額である10円に10ドル分をかけた100円が利益になります。
この逆を行うのが売りから入るというものです。または空売りをするとも言います。この空売りですが、持っていないものを売るということが良く分からない、という人も少なくありません。
そこで考え方の1つとして、外国通貨をFX会社から借りて売ると考えるとわかりやすいでしょう。先ほどと同じように、1米ドルが100円であると考えます。この時に為替相場が円高方向に振れると予測したと場合に、売りから入るのです。
仮に10ドル分を借りてきて売ったとしましょう。その後に1米ドルが90円になった時に、売ったドルを買い戻したとします。つまり最初に借りて売った10ドル分を、10ドル買って返したという形になるのです。
100円の時に10ドル分1000円で売り、90円の時に900円で買い戻したドルを返したと言い換えてもいいでしょう。結果として差し引きで100円の利益がでたとできます。
これが空売りをするという方法です。やり方としてはFXで注文をする時に、売りから入るだけになります。投資で最も代表的なのが株式投資ですが、こちらも信用取引を利用するとFXと同じように空売りが可能です。
手数料が発生するのです。為替相場は上下に振れやすいことも多いため、円高円安のどちらに動いたとしても、手軽に投資ができるようになっています。
特にFXでは取引ツールを利用すれば、初心者でも簡単に利用できるのが特徴でしょう。レバレッジをかけての取引も可能ですので、相場が下がる方向に動くと予測したのなら、空売りをすることも検討してください。
FXの取引における空売りについてでした。売りから入るとも言われる取引方法で、FX会社に通貨を借りて売り、その後に買い戻してから返すという形になります。為替相場が下がる方向で動くとみた時に、効果的な手段です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
テキストのコピーはできません。