• 月. 8月 2nd, 2021

口座開設の申込みで行われる審査の基準とは?落ちるのはどんな人?

FXの口座を開設する時には、必ず審査が行われます。この審査はそこまで厳しいものではありませんが、落ちるケースというのもあるのです。そこでどういった基準で審査が行われているのか、確認をしてみましょう。
FXの口座開設には審査があります。ただこの審査ですが、お金を借りる時ほど厳しくありません。そこでFXの口座開設における審査では、どのようなポイントが見られているのかを確認しましょう。
基本的なこととして、各FXによって細かい部分での審査基準は異なっています。ただ共通する部分があるので、その点を見ていきます。最初に確認したいのが年齢制限です。
日本国内のFX会社のほとんどが20歳以上が申込条件となります。一部の会社では18歳以上が条件ですが、この年齢条件は絶対ですので未成年が申込をする時は確認してください。
この年齢条件は絶対ですので、満たしていないのであれば審査に必ず落ちます。またもう1つ注意したいのは、過去に口座凍結などが行われていないというケースです。
利用規約違反などをした取引をした場合、口座が凍結されてしまいます。この情報はFX会社に残りますので、時間が経過したからといって再度契約はできません。
もう1つ注意しておきたいのが、資金に余裕があるかどうかです。そもそもFXの口座開設審査では、収入の多寡や職業に就いているかどうかなどで落とされることはありません。
自己資金がいくらあるのかです。なぜ資金が気にされるのかと言うと、FXは元本保証のある金融商品ではないためです。
取引によって損失がでることがあるため、自己資金が少なすぎる場合は投資をする資格がないと見られてしまいます。特にFXではレバレッジというシステムがあります。
レバレッジを利用すると、自己資金以上の投資が可能になりますが、反面で損失がでた時は大きくなるのです。この時に資金が不足すると、支払いすることができません。
FX会社にとっては重要なことになるので、職業や収入よりも自己資金が重視されるのです。ただ20歳以上であれば、学生でも口座開設はできます。学生が多額の資金を持っていることは少ないため、こうしたケースでは事情が考慮されるでしょう。
1つの基準としてFX会社の取引単位を見るといいです。最小取引単位が少なければ、それだけ資金が少なくても投資ができますので、資金も多くは問われないでしょう。
口座開設の申込にて行われる審査の基準についてでした。最初に考えておきたいのが、年齢制限です。未成年が申込できる会社は限られていますので、注意しましょう。
もう1つは自己資金で、取引単位の大きな会社に口座を開設する時は多くの資金が必要となる傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
テキストのコピーはできません。