• 金. 6月 25th, 2021

スリッページとは?起こりにくいFX会社の選び方や防ぐ方法

スリッページです。きちんと理解をしていないと、収益にも差がでてくるのがスリッページでしょう。そこで基礎的な部分から解説をしていきます。
ではスリッページとは何かから確認をします。端的にお伝えしますと、注文をした時の価格とは異なる価格で約定してしまう現象を指します。
仮に1米ドルが100円だとしましょう。この時に買いの注文を入れたとして、実際に約定されるまでに相場が動いてしまって101円になったとします。100円で注文をしたはずなのに101円で約定されてしまった、この状態をスリッページと呼んでいるのです。
FXを行っている人たちはスベる、スリップするなどとも言います。実際にはここまで大きく約定時の価格がズレることはありません。0.01円単位での形になることが多いでしょう。
そんなに小さい額であれば気にしなくてもいいのではと思う人もいるかもしれませんが、実際にはまったく異なります。もともとのスプレッドが0.01円だったとしましょう。
そうなると0.1円のスリッページが起きた場合、0.02円のスプレッドがかかったと同じになってしまいます。つまり0.02円以上の利幅でなければ損失となってしまうので、その分をしっかりと考慮に入れて取引をする必要があるのです。
では何故スリッページが起こるのでしょうか。スリッページが発生する理由は、注文ボタンを押してから約定するまでの間に価格が動くことが理由です。
FXというのは日本国内だけでも数百万人の取引があり、すべてパソコンやスマホからインターネットを通して注文を行っています。
スリッページの発生率を公表しているケースがあります。多くの会社は公表していないため、逆に言えば公表している会社はそれだけ自社のシステムに自信があると言い換えてもいいでしょう。
FX取引におけるスリッページについてのまとめでした。スリッページとは注文時の価格と、約定時の価格が異なることを言います。これは手数料が増えるのと同じであるため、できればスリッページの発生率を公表している会社を選ぶといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
テキストのコピーはできません。