• 日. 9月 26th, 2021

FXの利益にもかかる税金の仕組みや税金の計算方法について

FXで利益を出した場合、税金の課税対象になることがあります。ではどのような形で、税金がかかってくるのでしょうか。ここではFXの利益における税金について考えてみます。
FXの場合は年間の収益で課税対象となるか決まります。給与所得を得ている人の場合は年間で20万円以上の利益があった時に、課税対象となる形です。
非給与所得者である場合は38万円以上になります。ここで出た金額は控除額になり、この額を超えると課税の対象となってくるので注意しておきましょう。
ここで1つ覚えておきたいのが、収益の計算方法です。FXには主に2つの利益の出し方があります。為替差益とスワップポイントを狙ったものです。この両方の利益を合わせたものから、FX取引で出た損失や必要経費などを引きます。
それで残った分がFXにおける所得となる形です。FXの利益にかかる税金は、申告分離課税となります。申告分離課税では一律約20%の税率と決まっています。
ちなみに保有しているポジションについては課税対象外になります。ポジションを決済して、初めて損益が確定するからです。FX取引ででた損失についてはわかりやすいですが、経費については分からない人も多いでしょう。
経費とはFX取引に必要な費用のことです。電話代やインターネットのプロバイダー費用、FXに関連する書籍代や取引に必要なパソコンの購入費用などになります。
仮に損失を引いた後の利益が50万円だとして、経費が30万円かかっていると差し引き20万円です。この場合は課税対象となりません。
そのため利益の計算をした時に、わずかに20万円を超えるという程度ですと、敢えて損失を出したり、超えている分でFX関連の書籍を購入するなどで調整してもいいでしょう。

また注意しておきたいのがスワップポイントによる利益です。なぜ注意したいのかですが、これは各FX会社で扱いが違うからです。基本的にスワップポイントは毎日発生します。
この発生した利益を毎回課税されるというケースもあれば、ポジションを決済した時にまとめて課税されるかの違いがあるのです。
そのためスワップポイント狙いで、FXを始める時はあらかじめ口座を開設予定の会社に確認してください。税金については知らなかったではすみませんので、非常に重要な問題だと言えます。
FXの利益にかかる税金についてでした。FXでは申告分離課税という扱いになっていて、年間の収益に対して約20%の税金がかかります。計算方法としてはFX取引によって得た利益から、出した損失と必要経費を差し引いて残った金額にかかる形です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
テキストのコピーはできません。