乳酸菌ダイエットの効果とやり方

乳酸菌ダイエットの効果とやり方(乳酸菌の摂取方法)

このページでは、乳酸菌ダイエットの効果とやり方(乳酸菌の摂取方法)について詳しく書いています。

 

乳酸菌ダイエット,効果,やり方,乳酸菌,摂取方法

 

乳酸菌ダイエットの効果とやり方が知りたい方、乳酸菌ダイエットの効果とやり方ってどんな感じ?

 

という方の参考にしていただけたら幸いです。

乳酸菌ダイエットとは

乳酸菌ダイエット,効果,やり方,乳酸菌,摂取方法

 

乳酸菌ダイエットとは、乳酸菌の効果を利用する事でダイエットを効率良く進めていくダイエットになります。

 

乳酸菌ダイエットは、あくまでも乳酸菌を摂って腸内環境を整えながら体重を減らしていくダイエットであり、間違っても乳酸菌を摂れば摂る程痩せるというものではありません。そこは、しっかりと理解をしておきましょう。

 

乳酸菌ダイエットを行う際、乳酸菌配合食品の用法用量をきちんと守ってさえいれば、お腹が緩くなる等の副作用が起こる可能性は低いです。

 

乳酸菌ダイエットが人気の理由

現在は乳酸菌ダイエットの人気が高まっています。それは手軽に低予算で始める事が出来るためです。

 

乳酸菌が手軽に摂れるヨーグルトは、どこのスーパーやコンビニ等でも販売されていて、しかも安価です。400〜450グラムのたっぷりサイズでも、1個130〜200円程度で購入することができます。

 

また、ヨーグルトにはたんぱく質やカルシウム、乳酸菌等、人間の身体に必要な栄養素が沢山入っている事も人気の要因になります。なので、食事制限ダイエットを行うと栄養バランスを崩しやすいですが、乳酸菌ダイエットなら健康的にダイエットが行えます。

 

また、乳酸菌の摂取により腸内環境が整えられると、肌荒れ解消に繋がるため女性には嬉しいですよね^^

そもそも乳酸菌って何?

乳酸菌ダイエット,効果,やり方,乳酸菌,摂取方法

 

乳酸菌とは、実は特定の菌の名前ではなく、発酵して乳酸を作る菌を総称した名称を言います。そんな乳酸菌には、大きく分けて下記の3種類があります。

 

乳酸球菌(ラクトコッカス)

乳酸球菌(ラクトコッカス)は、球状の形をした乳酸菌で、コレステロールを低下させたり、免疫力を高めたりする働きをしてくれます。

 

乳酸桿菌(ラクトバチルス)

乳酸桿菌(ラクトバチルス)は、棒状の形をした乳酸菌で、悪玉菌を減少させたり、腸管のバリア機能を高めたりする作用が期待できます。また、乳酸桿菌(ラクトバチルス)は胃酸にも強いので、胃の中でピロリ菌を撃退する働きもしてくれます。

 

ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム)

ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム)は、増殖時にY字やV字型の形状を示す乳酸菌で、腸の働きをサポートして便秘の解消を促し、病原菌等を体の外に排出する役割をしてくれています。

乳酸菌ダイエットの効果

乳酸菌ダイエット,効果,やり方,乳酸菌,摂取方法

 

乳酸菌という栄養素について知っている方は多いと思われますが、それがダイエットを助けてくれる強い味方であることはまだ余り知られていないのではないのでしょうか。乳酸菌と聞くと腸内環境を整えるイメージがありますが、これがダイエット中において嬉しい活躍をしてくれます。

 

例えば、腸内環境が整っていれば、ダイエット中の便秘を未然に防いでくれる効果が期待できます。

 

乳酸菌ダイエットのメリット

乳酸菌を取り入れてダイエットをするメリットは、健康的に痩せることが出来ることです。

 

ダイエット中はどうしても無理な食事制限をかけてしまいがちなので、せっかく痩せても便秘症になったり、肌荒れ、貧血などの不健康を招いてしまうことがあります。これでは体重を落とすことには成功しても、体にダメージを与えてしまいます。

 

それらを防いで、体の内側から綺麗になれるサポートをしてくれるのが乳酸菌なのです。なぜなら、乳酸菌の中には自律神経を整えたり、老化の原因になる活性酸素を除去したりてくれる働きがあるからです。

 

そして、最大の利点とも言えるのが、ダイエット成功後にも乳酸菌を摂取し続けることでリバウンドも防いでくれることです。なので、これからダイエットを始めたい方や、ダイエットは終わったけれど不健康になってしまった方、リバウンドを防止したいと思っている方はぜひ乳酸菌を摂り入れてみて下さい。

乳酸菌ダイエットのやり方(乳酸菌の摂取方法)

乳酸菌ダイエット,効果,やり方,乳酸菌,摂取方法

 

乳酸菌というと、実は案外意識をしていないと中々食べない人が多いです。その一方で、ヨーグルトが好きで「ダイエットに効果がありそう」という理由で日課のように食べている人も多いです。

 

しかし、実はほとんどの人の場合、乳酸菌が腸に届くまでに死んでしまっています。そうは言っても、たとえ乳酸菌が死んだ状態で腸に届いても、それは善玉菌の餌になるので決して全く意味がないわけではありません。

 

しかし、どうせなら沢山の生きた乳酸菌を腸に届けていきたいですよね?

 

そのためには、ただ乳酸菌が入っているとされているものを何も考えないで食べるのは良くありません。しっかりとどんなものなら乳酸菌が腸に届くのか、どんな乳酸菌なら自分の身体に合うのかを事前に調べておくのがおすすめです。そうすると効率良く乳酸菌ダイエットを行うことができます。

 

自分の身体に合った乳酸菌を見つける

乳酸菌ダイエットのやり方はとても簡単で、自分の身体に合った乳酸菌を見つけて上手く摂り入れていく事がポイントになります。ただし、自分に合った乳酸菌を見つけるまで、人によっては時間がかかってしまうのが難点とも言えます。

 

そこで、自分に合った乳酸菌の見つけ方のポイントを3つ紹介します。

 

乳酸菌は食後に摂る

乳酸菌は胃酸に弱いので、食事により胃酸が出た後に摂取するのがオススメです。食後30分以内に摂取することにより、乳酸菌の効果が得られやすくなります。

 

大便を観察する

乳酸菌摂取による腸内環境の変化を確認するためには、毎日のうんちを観察する必要があります。その際のチェックポイントは下記のようになります。

 

  • お通じの頻度が増えているか
  • 残便感なくスッキリできているか
  • うんこの形状
  • うんこの色
  • うんこの量
  • うんこのにおい

 

糞の状態を確認することにより、腸内において悪玉菌と善玉菌のどっちが優勢なのかをすぐに知ることができます。

 

また、おならの回数や臭いにも注意しておくと良いでしょう。

 

乳酸菌の摂取前後で、肛門から出る大便や屁の変化を比較してみると、乳酸菌の効果が得られているのかどうかを確認することができます。

 

同じ種類の乳酸菌を2週間以上摂り続ける

乳酸菌には即効性はないので、2週間以上は様子を見るようにしましょう。

 

成功の秘訣は毎日続ける事

乳酸菌は、とにかく毎日続ける事が大切です。乳酸菌はとても良い菌ですが、身体に元々いる菌ではないため、数日中には排出されてしまうからです。

 

また、熱に弱い点と胃酸で死んでしまう点を考えると、毎日摂取して補充するのが好ましいと言えます。

 

定番はやっぱりヨーグルト

 

乳酸菌ダイエット,効果,やり方,乳酸菌,摂取方法

 

乳酸菌の摂取方法として定番になるのがヨーグルトです。その際、オリゴ糖をかけて食べると、更に効果が高まります。

 

オリゴ糖の効果

オリゴ糖は、砂糖と同様の糖質になりますが、実は砂糖では得られない効果・効能があります。

 

便秘の予防&解消効果

オリゴ糖を摂取すると、善玉菌を増やして腸内環境を整え、腸内運動を活性化してくれます。それにより、便秘の予防や解消に効果的に働いてくれるのです。

 

ダイエット効果

オリゴ糖は、胃や小腸で吸収されにくいので、結果的にカロリーの摂取量が少なくなります。そのため、ダイエット甘味料として重宝してくれます。

 

ただし、いくら低カロリーだからと言ってもカロリーはゼロではありません。そのため、入れ過ぎると高カロリーになってしまうことがあるので使い方には注意が必要です。

 

ヨーグルトの摂取量はどのくらいが良い?

乳酸菌ダイエットを行う場合、1日のヨーグルト摂取量は100〜300gくらいは食べるのがお勧めです。たとえ一度や二度、一気に500g食べたからと言っても、結局はその後排出されてしまうので、あまり意味がないかもしれません。

 

また、ヨーグルトに配合されている乳酸菌は日に日に減少してしまうので、できるだけ賞味期限内に食べた方が良いことも覚えておきましょう。

エルフィングダイエットサプリの通販購入はこちら!トップページへ辛い食事制限や筋トレが続かない方、加齢で痩せにくく太りやすくなった方は、トップページでエルフィングダイエットサプリの詳細をチェックしてみてください。